6月25日、工学院専門学校(蒲田)で「世界一大きな授業」を行いました。

現在、世界で小学校に通えない子供は6,400マン人、読み書きができない大人は7億5,000万人も存在します。
「世界一大きな授業」はそんな世界の現状に目を向け、教育の大切さを、同じ時期に考えようという地球規模のイベントです。

学生50名が参加し、世界の教育の現状に関するクイズを行い、識字シュミレーション、行動するこどもたちのストーリー&動画で意見交換を行いました。